本質的な自分の自立(自主独立)と自由な生き方とは?〜今日のスーパームーンにぴったりの手離し

image_171203

 

アフォーダンスの考えが
面白くて好きなんですよ〜

 

「Afford」の「提供する」っていう意味なんだけど、

「環境が動物に提供する意味や価値のこと」

アフォーダンスっていいます。

 

私の中では

「世界からもたらされる資源と叡智」の一部を
よく表現してくれていると感じます。

 

アフォーダンスという考えから、
色々なことを感じます。

 

私という存在は、
全てを創造しているとも言えるけれど

 

もっと拡大した視点からみると、

 

私という存在は、
何者でもなく、何もできない

 

生きているとも、
生かされているとも、、、

 

という、視点の違い。

 

image_0808

 

人によっては、これが真逆に感じるかもしれないけれど

本質的には表裏一体の真理を
感じられるんですよね〜(*´ω`*)

 

プロダクトデザイナーの深澤さんが
昔、どっかの講演でこの話をしてくれて、知った言葉。

 

カタカナの難しそうなのはさて置き、

なんで琴線に触れたのかな〜と掘り下げていたら
この様な感じで、本質に触れていくのでした(笑)

 

image_171127

 

椅子は椅子でしかないけど、

座る以外に、机にも踏み台にも、物置きにもなる。

 

如何様にもなるし
様々な価値が生まれる
意味が生まれる

 

しかし、真実は

 

椅子は椅子でしかない。
意味も価値もない。

 

 

椅子を道具として使っているのは私
椅子という存在に動かされているのも私
椅子に価値や意味を与えているのも私

 

自分の意思で動いているということ。
世界から動かされている、提供されているということ。

 

どちらともなく
同時に力は働いている

 

水は気化して空中にも溶け込んでいて

空中の水が集まると液体になって

雨や海、川になり、

水は動植物の中に入っても

また空中へ、、、

 

水が形を変えて存在し

人へ与える影響や価値が変わっても

 

水は水

 

関係性を創り出しているのは私

 

私という存在は

一部でもあり
全てでもある

 
しかし「ワタシ」という音に縛られている

 

音は音

 

ソレは、ソレでしかない

それ以上でも
以下でもない

 

存在は、何にも縛られないけれど
縛りがないと、ここでは形をなさない

 

形はあってもいいし
なくてもいい

 

形がなくても、縛られなくても

本質的には、何もなくならない…

 

blog_118

 

 

ポエマースイッチ入りました(笑)

ポエムというより哲学スイッチ(笑)

 

真理に近づくほど

言葉では表現しきれないんですよね〜
意味や価値、答えを求めても、

 

存在はあるけど
答えはないんですよね、、、

 

答えを出す習慣(求められたり)
答えがあるという枠組み(幻想、思い込み、期待)

 

エゴはこれが安心なのだけど、

 

本当の自由は
これらの枠から抜けること
でもあるなぁ〜と感じます。

 

だから、覚悟が必要。

 

形がないことへの不安
正しさ、答えがないことへの不安

 

この不安があっても、
自分が自分として、自由に生きるには

 

自己信頼と安心が必要になります。

 

それが唯一の寄る辺でもあり、軸とか形。

自分の答え。

 

まずは、今まで培ってきた枠を外すことが必要になります。

枠を外して、本質的な自分で自立するためにお役に立つのが

スピリチュアルヒプノセラピーの講座です。

スピリチュアルヒプノセラピー(現代催眠療法講座)の詳細はこちら
HPをご参照ください。

 

真理に触れたい方は、アカシックリーディングの講座をお勧めいたします。

アカシックリーディング講座の詳細はこちら
HPをご参照ください。

 

個人セッションはHPよりどうぞ。

o0300006613574436711

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2017.12.05

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA