自分と世界(他者)との境界。自分の密度や純度を上げてくために

image_180815

 

自己主張というか、

自分と世界(他者)との境界を

いい塩梅で掴み取るというのが

7月の終わり頃から8月の今頃まで

テーマな方が多かったと思います。

 

 

前回、これに付随した話を書いたのですが

自分らしく生きることがワガママや自己中ではなく、新しい”わたし”という輪郭を生きる方法

2018.08.11

 

結局ね

自分と世界(他者)との境界っていのを

 

白黒はっきりさせるように

 

ビタッと線引きすると、

力みが出たり、不具合が出たりするんですよね。

 

境界といっても

空と雲の境目みたいに

赤潮と黒潮の境目みたいに

はっきり境界はあるのだけど

 

双方の動きによって自由に変化する

 

そんな境界がちょうど良いと感じます。

 

そしてね、

 

境界を線引きしようとしたり

侵食しようとしたりせず、

 

自分が自分自身を満たすとか、

自分の輪郭を内側からハッキリさせていくとか、

 

自分の密度純度を上げていく
(それが波動でもいいけれど)

 

これが、何よりも大切になります。

 

blog_35

 

そのためには、時に

自分本位になりきる必要がある場合

でるかもしれません。

 

他者に迷惑をかけたり、
傷つけるようなことはしてはいけないけれど

 

他者が感じる「迷惑」や「傷つき」というものが

 

他者に由来するものなのか

自分に由来するものなのか

 

それは見極めが必要です。

 

各々、自分自身で持てる責任の範囲というのは

常識で測ることはできなくて、

自分の中に答えがあります。

 

完璧を求めちゃいけないし

傷つくことや、傷つけることを
恐れてもいけません。。。

 

 

こういう話は

矛盾しているように感じることも

あると思います。。。。

 

矛盾を感じたらね。

 

良い悪いの二極化が

自分の中にある証拠なんですよ〜。

 

この二極化が、

 

問題を作り出し

正しさを作り出し

比較を生み出します。

 

時代は、もう二極化が終わって

2つを統合していく時代になりました。

 

 

清濁併せ持つことが、本来の自然なあり方。

 

人は、自分の中の正しさや清さを100%の良しとして、

世界や他者に求めると、不具合が出るものです。

 

同じように

答えを1つに求めたり、

自分という存在を1つの何かに収めようとしたり、、、、

今までの世界では、それが必要でしたが、、、

 

これからは全く異なります。

 

 

今は、2色の絵の具が混ざり合っている途中

モヤモヤしやすい時もあれば
妙にスッキリする時もあると思います。

 

もう少しで、抜けていく人もいるし

2ヶ月くらいかかる人もいるかもしれません。

 

多くの方が、その先へと向かっている流れの中で

自分自身の密度、純度を確認して、

自分を引き上げていく時なんですね〜♪

 

image_102617

 

 

じゃあ、どうしたら

 


自分の密度とか純度が上がるの?

これから何したらいいの?

自分には何ができるの?

 

という方は、

 

以前の記事が参考になるかもしれません。

 

隠れた才能が見つかりやすい時!人に喜ばれること、人から褒められることを思い出して

2018.06.21

自分軸や人生の目的を知ることよりも、先に大切なこと。必要なこと。

2018.05.23

自分の価値を高めていくために今やるべきこと

2017.10.04

 

ご参考までにどうぞ。

 

image_180503

 

 

自分の軸や輪郭を、明確にしていきたい方や

自分らしくありたい。

本来の自分を表現して生きたい。

 

という方には、こちらのゼミをお勧めいたします。

 

▼自分軸と宇宙意識で生きる、自分らしい生き方創造ゼミ

自分軸を見つける、創る、表現する「自分の存在が歓びにつながる、自分らしい生き方ゼミ」ー心、身体、精神、経済の自立と統合を楽しく身につけるー

2018.11.07

 

 

個人セッションはHPよりどうぞ。

o0300006613574436711

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2018.11.11

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA