生まれた意味。肉体を持つ意味。体験したいから生まれて来たの?意図だから?本当かいな

image_0908

 

よく、スピリチュアルな話題になると

体験したくて、
体験するために、
生まれてきている

っていいますよね。

 

それって
その通り!
Couldn’t agree more!って感じますし(覚えたて笑)

 

体と魂の源から感じています。

 

ただ、時折私は違和感も感じていたんですよね。

それが自分なりにわかってきたので、
ブログにしたためてみようかなっと(笑)

image_0901

 

何かの出来事で

「やりたいからやってるんだよね」
「体験しに生まれてきているからね」

って言ったり、言われたりした時に
みなさんはちょっとでも違和感を感じたことってないですか?

 

そう言う時って視点が違うだけなんだよな〜って私は思います。

 

喩えば、恋愛で

「失恋」を体験したいから生まれて来たって

あんまり考えないと思います(笑)

 

この人に「恋」するために生まれて来たというのは

考えるかもしれないけれど。。。。
(全てに意味などないという考えは、一旦置いといて。。。)

 

「〜したい」っていうのは
主語が自分で、「したい」という想いが
動く方向があるのですが

この方向についてのニュアンスは

want(欲求)なのか
must(義務)なのか
should(やるべき)なのか
have to(外側から起きること)なのか
will(意志)なのか

で全く違う!

 

主語の「自分」

エゴの輪郭がある自己認識範囲の自分なのか
エゴの輪郭がない、宇宙と同一の自分なのか

「I」なのか
「We」なのか。。。で違う!

 

「I」の自分は、

エゴの輪郭の私

「We」の自分は、

大いなる自分
意識が拡大した自分
(瞑想状態の自分)

ハイヤーセルフやオーバーソウルの自分

 

「全てが体験で、それをしたいから人間として生まれて来た」

ということの本来の意味あいは

 

「全ては大いなる私が起こすイベントであり、
起こされるイベントでもある」

(主語が「We」で、方向が「will」)

 

ついでに言うと
「ここで体験するために、今はこの形に落ち着いている」

 

というように、私は感じています。

blog_126

 

恋愛の喩えのまま、段階について話すと

恋に落ちるというのは
意志や願望ではできない。コントロールできない。

導き起こされるイベント!!

 

そして、

恋するというのは、エゴという輪郭ができるものだから、
主語が「I」になるんですよね。

(愛は主語が「We」と言えばわかりやすいかしら?)

 

恋に落ちて
私が(は)あなたが好きという想いができて

→恋人になりたい。(want)
→あなたの特別な存在になりたい。(want/hope)
→あなたしかいない。(should/must)

とか、自分を中心(起点)とした想いの方向がいくつもできる。

 

恋をして、愛に昇華していくのはとても理想的ですが
それまでに、多くの方が体験する

 

恋を失うという体験は

相手に受け入れてもらえなかったとか、
願いが叶わなかった、
想いが報われなかったなど

エゴの喪失体験(一般的な失恋)。

↓↓↓

これって辛い体験なので
やりたい人はいないけど、恋に限らず喪失体験というのは
全ての人が人生で必ず体験することだと思います。

↓↓↓

この喪失体験からも、時間とともに
「恋」や「エゴ」の輪郭が溶けて、

ただ好きだったという
純粋な想いだけになると(愛に変わっていくと)、
それしかなくなるんですよね。

そこにはただ、愛とか感謝があるだけになる。

 

出来事が起こり(We willの大いなる意志によって)
→エゴが際立ち(過去の観念やわだかまりなど)
→エゴや、それにまつわる輪郭の喪失、手放しを余儀なくされ
純粋な大いなる自分に戻る

 

「I」から「We」になる。

意味があるかどうかではなく、

シンプルにそういうものなんですよね〜。

 

o0480048013404822979

 

恋愛に限らず

なぜ、この家に生まれて来たのか?
なぜ、嫌な人が現れるのか?
なぜ、困難ばかり来るのか?
なぜ、お金が入らないのか?

って、

「I」というミクロな視点だと、
意味や答えを探しがち。

<感情や思考が自分を支配してくる段階。>

「We」というマクロな視点だと、
答えはシンプル。出来事は出来事でしかない。

<明晰に物事が見えている、無意識に委ねている段階。>

 

ミクロとマクロの差を埋めやすい時代に入ってはいても
人って段階があります。

 

両親が離婚したばかりの人に

「それは、自分も彼らも選んだことだし、大いなる意志によるものだ」
「全ては自分だからね。。。」

な〜んて言ったら、差が大きいわけですよ。

「I」と「We」の視点の差ができちゃう。

 

その段階では、感情のケアや感情を取り扱うことが大切。

(とはいえ、お友達にそれを求めると
こじれることがあるので判断材料にしてくださいね・笑)

 

 

時間と体験を通して
古いエゴが溶けていき

本当の自分、大いなる自分「We」の自分へと羽化していく。

 

そんなプロセスを皆さん様々な体験を通してしています。

これらがよく言われている
体験しに来ている。生きる意味。

な〜んてことになるのですよね〜。

t02200165_0800060013410155269

 

長くなってしまったけど、

エゴが揺れる時、
何かの出来事が起きた時など

どこかで違和感を感じたり、
誰かとの話しで、噛み合わないな〜と感じたら

主語(主体)が何になっているのか
wantの段階なのか、willの段階なのか

主語と、段階を参考にしてみてくださいね。

 

 

カウンセラーはクライアントの主語と段階
現状と理想の差などを

相手とつながって、心や感情の動きを共に感じると同時に

マクロの視点を持ちつつ
今とちょっと先をみながら

観察して、必要なものを提案して、サポートするお仕事だと私は思っています。

 

今、スピリチュアルヒプノセラピー(現代催眠)の中級講座は
このあたりのスキルを楽しく体験してもらっているところ(笑)

基礎講座は共感の部分がはじまったばかり。

 

みんな面白がってくれています♪
個人的にもこれからがとても楽しみです〜。

 

私個人としては、「I」も「We」も行ったり来たり
二つをまたがっている状態が自由で

バランスが良いと感じるので、
楽でいいな〜と思っています。

プライベートで、身近な関係性の人ほど
バランスってとりにくかったりするけれど(笑)

こういうことに、ご興味のある方は
講座で楽しく学んで、身につけていきましょう〜♪

スピリチュアルヒプノセラピー(現代催眠療法講座)の詳細はこちら
HPをご参照ください。

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2017.11.07

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA