神様との約束、魂との出会い、そして本当の自分の源へ…(1)

blog_102

 

神様ってなんだ?

っていう疑問が高校生くらいで湧きました。

 

それまでは
物心ついた頃より、

方角をみて、神社仏閣へ毎月お参り。

祖母が神社やお寺に寄付など色々していたので

神社からもお寺からも行くと声がかかるような
馴染み深い場所で、神様という存在も不思議ではありませんでした。

 

小学生の後半で
なぜか自然とチャネリングするようになり、

友達とレムリアの儀式をしたり…

昔、何故そんなことをやったのかわからないのですが、
知ってるからやってました(大笑)

 

その頃、色々な不思議体験があって
ある日の怖い体験を祖母に話したら

とっても叱られて

二度と儀式は禁止!

そして、チャネリングのせいで
小学生時代の友達から

中学〜高校と、宗教に勧誘されるという

イヤな体験もあり

スピリチュアルなことは一切やめて
楽しく青春していました!!

 

高校になると、孔子に目覚めて(笑)
老子、孔子、孟子からの中島敦へ〜

哲学的なことを深く考えるようになって…

ふと

森羅万象とか神様とか

色々な宗教が世の中にはあるけど
なんだ????って

blog_63

 

それまでは、仏像好きだったので仏教とか馴染みがあったんですけどね〜

思想で流派が分かれるなら
意味ないな〜って

 

とくに宗教は入ってないし
そこに興味はなくて

ただ、神とはなにか?

をずっと

問うていました。
(変な高校生/笑)
その傍らで、漫画描いて
アコギで弾き語りしてたり(笑)

高校生らしいこともしてましたけどね〜!

天使のドラエもん図

 

そんなある日、
ヒラメキが来たんです。

「森羅万象、自然そのもの全てが神なんだ!
そう、神を定義すると全てのつじつまが合う!」

って感じて
自然とか大いなる全てに生かされて
私は生きているんだ!!!

と、腑に落ちて気づいた瞬間!

 

感謝で大号泣!

 

人生で初めての歓びの涙がこれでした。

若かったな〜(笑)

 

でも、本当に感謝しかなくなって
誰にこの感謝を返したら良いのかわからなくて

悩み、困って

 

「嗚呼…神様に返せばいいのか」

「私は、これから誠実に生きていきます!」

 

って
森羅万象、世界ともいえる神様に約束したんですよね〜

 

後に、この真剣さが自分自身を縛る観念ともなっていくのですが
その話はまた後半に…

blog_59

 

今振り返ると、この時が人生で最初の
ある種、覚醒体験

覚醒って言葉が一人歩きしているので
個人的には使いたくないのですが(笑)

なんか、真理に気づいた!って感じ?

その瞬間はとても明晰で
全てが腑に落ちていた体験です。

 

こういうのは、誰にでも訪れる瞬間ですが

気づいただけでは、今までに戻ってしまいやすく、変な意味づけしたりして
本来気づいた純粋な意図とか、人生の醍醐味がなくなります。(このカラクリが罠。)

 

気づいたら、どうやって生きていくかがやはり大切!!

 

とは言え、当時は高校生です。

その後は、自分なりの誠実さをもって
頑張って生きてきた少女時代!(笑)

結構めんどうくさかったですよ。
誠実さを基本概念として採用し、

その誠実さを他者にも求めていたのですから…
(若いからね〜)

 

そうこうして、10代〜20代と人生の様々な体験をしていく中で
スピリチュアルという言葉と出会っていきます。

今まで考えても、答えがでなかったこと。
誰も教えてくれなかったことが

スピリチュアルな世界に少しだけ感じられるように…

そして、
不思議なこととして
棚上げしていたことをちゃんと理解したくて

色々学んでみてのこんにち。

 

それすらも、意味がない
答えはないことに気づいていきます〜

道や答えを探している時は、絶対に気づけないのです。。。

 

その過程で出会ったのが

自分の魂の存在!

これはビックリしましたよ〜
世に言うキラッキラな光の存在

出会いはシャスタでした♪

 

GWにつれづれなるブログ(笑)

この話は、次回につづきまーす。
良かったら読んでくださいね。

▼続きはコチラ
神様との約束、魂との出会い、そして本当の自分の源へ…(2)

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2017.11.07

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA