隠された自分の源泉を見つけるために、まずやめること

image_181207

 

本日は、徒然なる話を。

 

このところうまくいかないな〜とか
急なスケジュール調整が入ったりとか

思うようにいかない、
頭と心、身体のリズムが合わない、

なんと無く眠い、眠れない、
だるい、やる気がある時とない時のギャップが、、、

夜になると、アイデアが湧いて
作業してしまったり、想像して寝るのが遅くなったり、、、

 

などなど

あったかもしれません。

ないかもしれません。

 

焦る人

忙しい人(それが好きな人)

幸せのほほんの人

 

色々、個人差はあると思います。

 

いっけん、焦っている人と、幸せそうな人は

真逆に感じるかもしれませんが

全ての方に共通しているものは

 

本当の自分を解禁していくこと。です(笑)

 

隠された自己(本心、本音)に
気づいた人って多いと思うんですよね〜

 

隠れた自分を知ったことで、

本質と現実のギャップに焦ったり、悲観したりしているか、
本質的な意味で諦めたかの違いです。

 

それで、

本当の自分をもっと世界に表現していきたいって

思い始めている人も多いと感じます。

それが2018〜2019年のテーマでもありますからね〜^^

 

最近の個人セッションは、
やっぱりこのテーマが多いです。

大きな時代の流れと、
宇宙的な押し出しの力とで

なんだか、このところ
ちょっと変な方向で、

 

「正しさの自己主張」

「自己否定」

「責任転換」

 

ということが、
多くなっているように感じます。

 

こういうのは、いつの世もありますが、、、
なんか、我慢できない!って感じの

衝動を抑えられない方向で、表現されているな〜と。

 

image_england_tea

 

ちょうど、人間関係も

最終的な断捨離が進む頃でもあるのですが

本当の自分が必要な人間関係をも断ち切る。
(相手から切られる)

ということがありそうです。

 

最終的には、最善に進むので
それが、悪いわけでもなんでもないのですがね。

 

結局、どこまで本質的な自分で
今世を生きたいかってことなんだな〜と個人的には感じます。

 

どういうことかというと、

 

本質的、魂意識、宇宙意識的な生き方というのは、

本当の意味で「自分を知る」ことが大切です。

 

でも、自分を本当に知ろうとすると

かなりエゴが邪魔をします。

恐れという壁が、立ちはだかる時があるのです。

 

それを超えた時に、出会えるもの、世界があります。

 

臨死体験とかに
近いものがあるかな〜と感じますが

臨死体験をしていない方でも、同じ領域に行くことはできます。

 

超!個人的な話ですが

私自身はどうかというと、
臨死体験とか、不思議な体験は、いくつかあります。

ヘンテコな世界に行ったり、
小さい時のショックな出来事で1年くらい記憶が抜けてたり(笑)

 

だからと言って、なんてことはなく、

自分は自分のことをどこまでわかっているのか、、、
わかりません。

 

だって基準もないもの(笑)

 

ただ、確実に言えることは、

わかったつもりにはなりたくないから
自分はわかっていない。というのを前提にしています。

 

それから、この身体があるうちは限界があるのだから
死ぬまで丁寧に、この自分を生きようということを決めています(笑)

 

とはいえ、いろいろな体験から
自分なりに「ある種の答え」みたいな学びはあって

それは、

どんな人も、等しく「人」であるということです。

 

image_181008

 

先日、お友達が話してくれた
エピソードなのですが、、、

 

肩が痛いと話していた女性が、

霊が見える?わかる?人と出会って、その霊能者?から

「先祖のカルマが肩にブロックとしてある!」

と、言われて除霊してもらって
痛みがなくなった。

 

ってなことがありまして、
友人はどこか腑に落ちなかったらしく

「先祖のカルマで身体が痛いってあるの?」

って私に質問が。。。

 

身体の痛みと、エネルギーや人の想念の関係については
ここでは長くなるので触れませんが、

(自分はどうなの!?って気になる方は、個人セッションに来てください。ケースによるのでここでは、一概に言えません。。。)

 

どの概念を採用するかは、人それぞれ自由だけれど

もしも、正しさを押し付けていたり、
正しさから何かを否定していたら、

それは、ちょっと違うかもしれないね〜

 

っていうような話になりました。

 

先ほどの、

どこまで本質的な自分で
今世を生きたいか

というのにも通じるのですが

 

本質に近くなる程、

言葉の概念で収まらなくなるのですよ。。。

 

color-2457622_1280

 

たとえば、痛みを「先祖のカルマ」という定義で
説明したり、表現することに良し悪しはないんです。

ただ、その言葉って

変に、恐れを助長する方に働くんじゃないかな〜
って個人的には思うんです。

 

「先祖のカルマ!?こわーい。取ってほしい!!」って感じでね。

 

実際、先祖から引き継いでいるものが解放される時に
体に影響が出ることがあります。

ここで言いたいことは、別のことなので先祖の話やカルマなど、細かいことは説明しません。
エピソードとして大まかに受け取っておいてくださいね。

 

 

ここで何が言いたいかっていうと、

言葉に囚われたり、

怖いから、排除するという行動をとると

本質から遠ざかるし、

本質をも排除することになりかねないってことなんです。

 

 

エピソードで言えば、

肩の痛みの本質はなんなのか、

起因は何かを知ることが、

本当の意味での問題解消となります。

 

ただ、それを知らなくても
除霊?で肩の痛みがなくなったからよし!

 

ってこともできるわけです。

 

それって、鎮痛剤や栄養剤で
その場をやり過ごしていることと似ていて、

それで良い人もいれば、

根元から解消したい!という人もいるわけ。

 

で〜

 

どのレベルで解消したい?ってことなんですよね。

それが、

どのレベルまで自分を知りたい?ってことにも通じるんです。

 

 

自分をごまかして生きたくない!っていう人が増えている中で、

 

効果を感じるサプリや
痛みなどを麻痺、軽減させる薬で

その時よければよし!で生きるか

 

時間がかかっても、コツコツ運動したり
食べ物に気を使ったり、
病気になったとしてもじっくり体と対話していきながら

本質的な自分を知り、少しづつでも本来の自分を表現して生きるか、、、、

 

その場合は、自分の嫌なところを見ることにもなるし

恐れと向き合うことになります。

 

ごまかしても良いし、逃げてもいいし、休んでもいいんです。

 

ただ、甘えと、自分を大切にするという判断も難しいところ。

なんもかんも、全部自分で決められる。

 

だから、

どこまで本質的な自分で
今世を生きたいか

なんですよね。。。。

 

自分と約束して、

それを裏切らない覚悟と勇気が必要になります。

 

(そんな力を発揮するには、変にストイックにならず、他者にサポートをお願いするのもオススメです。)

 

img_0894

 

私は、地球の時間軸では
今世が最後の転生なので、なんやかんやとやり切ることになっています(笑)

やりきってから、
もう一度生まれるという可能性もあるんですけどね。。。それはおいておこう。

 

来世があるからって
向き合わないのも良いし、

来世のために、今頑張るっていうのも良いし、、、

 

 

今この体で、生きている自分を

どのように大切にしたいか、

どこまで自分が自分としてありたいか、

宇宙の源として生きるか、

生きたいかなんです。

 

image_1809827

 

 

私自身は、恐れや孤独と向き合って行く中で、

向き合うことが正しい生き方だ!
向き合うことは自分を大切にすることだって

頑なに思っていた時期がありました。

 

だから、向き合えない人に対して

なんでやらないんだろう、、、
もっと向き合ったらいいのに!っていう感情がありました。

 

でも、、、、

 

ある時から、それがなくなってしまったんです(笑)

振り返るとそういう、
勘違いな正義感があった時の方が、ある意味では
楽だったかもしれません、、、

(本質的?には、今の方がめちゃくちゃ楽なんですけれどね。笑。)

 

その時は、自分の信じる正義が、
自分を支えてくれていて、導いてくれると感じていたから。

道しるべや拠り所になっていたから、余計に手放せませんでした。

 

正しさ、正義、そういう信じているものって

とっても大切です。

 

しかしながら
正しさで、そのほかを否定することは

間違っていると思います。

 

正しさを主張する時って
同時に他を否定もしているんですよね。

それが自分の中にあると、

形を変えて

ある時、自分を否定することにもつながります。

 

 

なかなか、
小難しいことを言っているかと、、思います、、、(笑)

禅問答にもなってないけど、段々そんな感じになっていきますのね、、、

 

 

一言で簡単にまとめると

「否定しない」ってことが大切です。

 

前半に、

人間関係の断捨離が進む頃でもあると書きましたが、

本当の自分が必要な人間関係を
見極めることが大切なのですよ〜

 

見極めるには、

自分を知っていること、
自分に向き合うことが必要でもあって

どこまで向き合いたいかは
自分がどう生きたいかによります。

 

そして、次に大切になることは

対等であることができる自分と相手であること

 

これは、お互いの自立、成熟度合いが関係してまいります。

これはパートナーシップにも関係してくるのでとても大切と感じてます。

 

なんやかんや言っても

 

結局、自分なんだよね(笑)

 

そして、自分を生きるには、

一人じゃ出来ない。

 

向きあうことも、自分を知ることも

他者がいて初めてわかること、出来ることがあります。

恐れを乗り越えるために、他者のサポートは必要。

それは、メンターかもしれないし、仲間かもしれません。

 

誰もが「自分を知りたい」という欲求を
無意識の奥に持っているんです。

その欲求に、どこまで貪欲になれるか

どこまで探求?したいか、、、

 

そこんとこをやり切ると、それすら手放して

生きていることが、資源になるあり方へと繋がっていきます。

 

hashimoto_image_1-630-1

 

 

どう生きたいか

どうありたいか

 

それを、私は心理学とスピリチュアルリーディングでお手伝いしています。

 

それが私にとっては、お仕事でもあり、応援だったり、お手伝いだったりして
楽しくっていたのですが、

これから、私のこのような考え方に
共感、共有してくれる方で、同じように

「自分と向き合いたい方」を

応援、サポートして行きたいという人財を
育てて行くことを決めました!

 

 

宇宙の源として生きるあり方を求めている方には、
個人セッションでのお手伝いを。

 

同じように、自分自身が宇宙の源の一つとなり、
他の方の源泉を開花させて行く仲間として、スキルアップ、キャリアアップをして行きたい方には、
講座でお手伝いをしていきます。

(来年から、認定証の発行も予定してま〜す。)

 

今日は徒然なる話で、
最後は新たなる宣言みたいな感じになりましたが、

本当に大切なことは、無意識に伝わっているかな♪ww
ちょっと、この話や
ブログなどで気になることがある方は

個人セッションにもどうぞ。

12月はトリニティWEBでもお世話になっております
エルアウラさんのイベントにも出ているので
気軽においでくださいませ♪♪

(イベントの詳細は、この下の最後にあるワークショップ一覧のリンクをクリック★)

 

過去記事で参考になりそう?なものをここにもおいておきます。

お時間のある時に、読んでもらえたら。

自立をしたい方は、自分を丁寧に扱うことで、慈悲や慈愛、許しなどが湧いてくる。恐れを超える力に育てる方法

2018.03.30

過去の自分とのお別れ。自我の喪失から開かれる新しい人生の創出

2018.03.08

根源的な孤独感から解放されると、絶対的な安心感が引き出される

2018.01.10

生きることの悲しみと絶望、歓びと心地よさの分岐点(人生に絶望した時に)

2017.12.08

 

 

個人セッションはHPよりどうぞ。

o0300006613574436711

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2019.09.19

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA