お金は生きるために必要か?<お金との関係を自分にふさわしいものに変えるvol.1>

blog_20

 

お金の考え方、引き寄せ方、使い方を自分にふさわしいものに変える!
体感型お金のワークショップ1回目を開催いたしました。

そこで出た話が

「お金は生きるために必要か?」という質問

ご参加の皆様は全員「うん。うん」とうなづいていらっしゃいました。

 

私の答えは

「必要ありません!!」

でした。
想像ついていたと思いますけれど(笑)

正確な表現に置き換えると
「お金は必要なものに交換できる便利なもの」

だから、生きるために必要とは言い切れないのです。

お金がなくても、食べ物を作ることができます。
お金がなくても、誰かの力を借りることができます。
そして…

 

お金があると、食べ物を一から作る時間や労力を、
お金があると、知らない人や専門家の力を、

お金と交換で得ることができる。

 

お金はエネルギーと言いますが、欲しいものや得たい経験などとの橋渡しをしてくれる
まさに通貨なんですよね。

得たいものに対する価値や評価を数字化したもの、とも言えます。

 

私はお金がエネルギーだということについて、頭と魂の感覚ではなんとな〜くわかっていましたが、体感覚では全くしっくりしませんでした。

どうしても、腑に落ちない。。。。
お金がないと不安だし、あってもやはり不安だったのです。

ある時、お札は日本銀行から発行されている借り物だという話を聞きました。

この時に始めて、
お金も借り物なんだ!エネルギーってこういうことか!

身体も何もかもが、借り暮らしではないか!?
(アリエッティ??)

という、ヒラメキのような腑に落ちる感覚を得ることができたんです。

 

この感覚は、言葉では伝わりにくい部分かもしれません。
(アハ!体験のような感覚…)

言葉も、受取手の枠組で捉え方は変わるものだし、テキストでしかないから…。
そこに感覚が伴わなければ、知っている状態なだけで、

「そうか!わかる!腑に落ちた!」という確固たる自信のような確信は得られないのです。

私が腑に落ちた瞬間は、とんでもなく世の中では当たり前の事実でした。
でも、その時まで事実を知らなかったんですよね。
瞑想とかスピリチュアルなワークを色々やっている中で、
全てが粒子で音で振動や波、波動、エネルギーだ!という感覚は得ることができます。

ビジョンとして視ることもあります。

しかし、肉体感覚(3次元)が追いついていないと机上の空論と変わりません。

いわゆるスピリチュアルの罠!「わかったつもり」の状態です。
(これが個人的に嫌なので(笑)腑に落ちるまで、色々と時間をかけたくなります。)

img_0856

 

私の場合は事実が分かったら、今までふんわりしていた
「お金がエネルギー」ということが腑に落ちたんですね〜。

そうしたら、今までもお金や欲しい物を85%くらいは引き寄せてきましたが

引き寄せ方が格段に変わりました!!

思考と感覚、
チャクラやオーラの感覚、
全てがセットでありバランスなのだと腑に落ちました。

お金があっても、無くなるという不安も徐々に解消されていったのです。

 

そこで、皆さんにもシェアできるように
今回、様々なコツをまとめてWSでお伝えすることにしたんですね〜。

体感が伴うと、速いから体験型のワークショップ♪(*^^*)

ブログでは、体験というのが難しいのですが1回目のワークショップでやったことを、少しシェアいたしますね。

 

お金の行き先を決めると、入ってくる。出すと入るの法則

お金の出資先(出す)を決める場合に、得たい物を設定する/金額(数字)を設定する。
というやり方があります。

いわゆる「目標設定」

ビジネスでは金額を先に決めて、方法論を考えるというのが主流ですよね。

 

これが、私には性に合わなかったんですよ〜!!

会社にいた時は、当たり前にやっていましたし、何となく出来ていましたが
独立して自分のコトになると、どうにも出来ない!!!!

しかしある程度、自分の癖というか特徴を掴めた後に、
ビジネス思考とかコーチング的な取組をするとパワフルに現実化しやすいのだと気づきました。

だから、目標を設定するというコーチング的なやり方は、非常に有効な方法の一つです!

しかしながら、方法というのはツールなので
「自分との相性・使い方」「適切に活用できる段階」というものがあるように感じています。

私のように目標を設定し、道すじを設定して、それだけにフォーカスしてしまいがちな方は、先に金額を設定するというのがちょっと向いていないかもしれません。。。

このような方は、

・目標の設定の仕方を勘違いしている
・途中のプロセス(道すじ)や数字に執着してる

入口もルートも出口も、狭めてしまっているケースが多いのです。

その他、目標設定が間違えているというケースも多くあります。

このような方のために、ここでは目標設定についてのポイントをお伝えします!

目標設定のポイント

1)欲しいもの、なりたい自分像、理想や目標を設定する。(金額でもOKです。)

→ワークショップでは「いくら欲しいか」「1ヶ月にあといくらあると良いか」皆さんに確認しました。

2)もし、それが叶ったらどんな感じなのかを五感を使ってリアルにイメージしてみる。

3)本当にそれが叶ってもいいのか、感覚で確かめる。

→「10万円欲しい」とおっしゃった受講生に、では私が今、10万円差し上げるといったら受け取れますか?と質問していきます。

「いや、貰えません…1000円くらいなら貰える」と希望していた現実との違和感が出ました。

→「セッションの回数を増やしたい」という場合には、「1ヶ月何回くらい?」と具体的にしていきます。

すると「1ヶ月に希望の回数は疲れてしまうかも…」という不安が出ました。

4)上記の例のように、本当にそれが叶った時に湧いてくる、「恐れ」「違和感」を確認し、恐れや違和感が湧いて来ない程度に目標を設定し直します。

 

目標、ゴール、出口が
まずは自分にふさわしいかを、思考だけではなく、五感を使って感覚で確かめていくのです。

お金については、
お金を使った先(未来)にどんな広がりがあるかを見ていきます。

広がりがあればあるほど、入りやすくなるのです。

これが、出すと入るの法則。

具体的な例でいうと、

セミナーなどの学びにお金を払う

知識や知恵、体感を得る

周囲との関係がよくなる/人に教える

他者が豊かになる

このように、自分の得るものが無形のものでも、他者や周りに良い意味で影響が派生するものは

出した分だけ、入りやすくなります。

 

ここでポイントになるのは、制限を外すこと!!!

・こんな金額のセミナーに出て、何になるのだろうか…
・私がソレを得る資格はあるのだろうか
・ソレを得て、他者に世の中に還元出来るのかしら
・お金は何処から入るのか…

こういう思考の抵抗アレコレも制限ですし

・宝くじにあたれば…
・人から貰えたら…

と、言いながら
実際にそうなったらビビる!という身体の恐怖心(抵抗)も制限です。

 

これらの思い込みや思考、恐怖を手放していくことが大切です。

 

私は、過去に50万円近いセミナーに参加したくて、友人から50万円貰うという体験があります。

この時、本当に願っていたので、戴くことに一切の躊躇はありませんでした。

感謝しかなったです。。。

振り返ると、そこで得たものが多くの方に還元することになっています!(本当に有難く循環してます。)

 

多くの方がここで

受け取りにくい!
そんなお金の入り方はないわ〜!

って感じてしまう。それが制限になるんですよね。

 

ワークショップではこの他にも、引き寄せのシステム、3次元と5次元の活用や意味、恐怖の扱い方や取組をワークしました。

2回連続のワークショップなので、次回は来月です!!

その間の1ヶ月はフォロー付きで、今回得た知識と体験を実生活でやっていただいてます♪( ´θ`)

早速、叶ったことをご報告いただいたりして、
来月までが楽しみ♪♪

何があっても、無くても最善に働きますよ〜。

 

次回は、感覚的に湧いてくる恐怖の解放について取組む予定。
あと、願望実現ワークも\(^o^)/

個人的に、とても楽しみです★

img_2300

※今回の受講生達とパチり。アプリで加工なんぞしてみました!

 
お金を引き寄せたい時は、

 

お金を出して何を得られるかが重要なのではなく、
そこから、自分は外側の世界に何を表現できるか(奉仕、放射できるのか)

 

ということを
良く吟味されると、ちゃんと入ってきますよ♪

お金がエネルギーだという事を、別の講座で感じた受講生がいらっしゃいます。
感想の一部に書いてあるので、参考になれば。

エリクソンの現代催眠基礎講座ー2回目[受講生からの感想02]

2016.11.23

▼ワークショップ開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2017.11.07

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA