神様との約束、魂との出会い、そして本当の自分の源へ…(3)

blog_106

前回の話の続きです。
前回の話(2)はコチラ

 

前回は、シャスタで出会った
キラッキラの私の魂の話

スピリチュアルっぽいでしょ(笑)

今回も
とりあえず、思うままにつれづれに書いていきます。

 

スピリチュアルは不思議なこととか
見えないこととか
魂とか
天使とか
宇宙人とか

引き寄せの法則とか
宇宙の法則とか

。。。。。

(人によっては、宗教と混同している方もいらっしゃいますよね〜。きっと)

 

一般的には
「現実」と「スピリチュアル」を分けて考えられがちですが

あえて言葉におさめて言うと

 

全てが現実であり

全てが幻想です。

 

私は、現実も夢もビジョンも等しくリアル。分けられない!

って、なってきた。

それがある日、ほんと腑に落ちて楽になりました〜。

そうなると、全てがリアル!

blog_49

 

喩えになるかわからないけれど、

 

10円玉に裏と表が存在しますが

10円玉は10円玉。

それでしかないし、裏も表も関係なく

ただ在るという感じ。

 

そして、日本では10円という価値と意味が、
合意のもとで与えられているため、
日本の現実社会では、お金として使えていますが

他の国では使えない。。。何も買えない。

こども銀行のお金と同じですよね?

 

「現実」「幻想」「スピリチュアル」

本当は分けられない…

こんな感じでとらえています。

 

見えなくても、触れられなくても
あるものはある。

10円は使えなくても、価値があってもなくても
存在はしている。

blog_80

 

この辺りの話になると、
何だか「???」が浮かぶ方と

何となく共感される方といらっしゃると思います。

この手の話は、私の表現がいまいちなことと(笑)

読み手側で、何かが腑に落ちてないと
良くわからないこともあるので

つれづれなる戯れ言ということでお許しください。(笑)

 

とにかく!言いたいことは

現実とスピリチュアルは、わけない方がいい!

寧ろ、ちゃんとスピリチュアルと現実の仕組みを知れば

現実的に役立つ!生きるのに楽だ!!

 

と、いうことです。

 

 

さてさて、話は前回の続きにもどり…
私が視ていた、色や音、神聖幾何学などの多次元の中

さらに奥…

どうしても行けなかった場所

 

行けないでいた最大の理由は

体の恐怖、死への恐怖

でした。。。。

 

核になっているのはソコ。

で、そのまわりに包んでいた真綿のような抵抗は

「過去の観念、こだわり、自分への信頼」

一言で言えば
「エゴ/自我」です〜。

 

これらを手放すことは
「死への恐怖」「本質の核」へ繋がることなので

抵抗もありました。

 

超!怖かった〜(笑)

やっぱり死を覚悟するのは
生半可ではありませんでした。

死にはしないんですけど、頭でわかっていても
体の抵抗は強いワケですよ。

blog_75

 

真綿のエゴを少しずつ手放していき、
でも死への恐怖は拭えないまま

向かった儀式…

 

何とかあの行きたかった奥の世界の向こう側へ
無事に体感を持って行くことが出来て…

 

行ったら行ったで

今までそこに繋がっていたこと、
そこから情報をもらっていたことに気づき

自分の中というか、

ソコにもココにもアソコにもゲートは開かれていて、
私が概念で外側に置いていた!

ということにも気づきました。

(外側にしていたのは、簡単に言えばエゴね…全ての人がエゴで、分離をさせています。)

 

その世界は、世界の創造の源でもあり

世界の全てとも言えるとこ。

 

何もなくて「意」と「動」だけ。

 

意図もいらない
何もない

私はいない
誰でもない

全てが粒子とベクトルの動き
(粒子というのも概念だけど)

意志や意図はなく
ただ動いている

そこに意図が加わると
周りは動くんだけど…

それすら世界から動かされている

自分はなく
他者もない

全て無くて
全てが作ることができる

全部自分でつくれる
だけど、つくらされている

というのも同時にあり

時間も空間もなく
永遠に繰り返される

何も意味はないし、価値もない

ただ、在り続けるだけ

 

そんな世界でした。

自分という存在と世界の存在を

瞑想のイメージとは全く違い

体感覚で体験できたので

腑に落ちる深度が大きかったんですね〜。

これは…言葉だと難しいけど
そんな感じ(笑)

 

私は、爆発でうまれて

音からうまれたねって言ってました(笑)

blog_17

 

一回、意識が戻った時に

「かなりの絶望」を味わいました。

自分の自由意思すら、創られているという

自分という存在(エゴ)の死。

 

何度か波はあったけど、私はここで

やっと人生を「明らめ」たんです。

 

明らかになった事実を受け入れて、
この肉体と一緒にここで生きる!

これがオリジナル!という意図のもと、

 

「さて、この人生どう生きようか〜」と
明らかな答えが導き出されました。

 

だからもう迷いはないけれど

あの絶望感は半端なかったなぁ…

 

自己覚知や覚醒体験をした人が
鬱になるケースがある。

というのが良くわかります。。。。

 

儀式は何回かあって、

別の儀式では、現実化のシステムを知るという意図で
そのシステムの世界へ…

幽体離脱〜体脱〜して行きました!

その体験は、また長くなったので
続きます…

お付き合いありがとうございます。

▼続きはコチラ
神様との約束、魂との出会い、そして本当の自分の源へ…(4)

こんな話にご興味のある方は
5月15日、16日のお茶会やエネルギー、チャネリング講座などの説明会においで下さいね♪

▼お茶会のお知らせ
http://www.spog-ad.com/blog/tea_party_nagoya

▼説明会のお知らせ
http://www.spog-ad.com/blog/setsumeikai

▼HPはこちら
http://www.spog-ad.com/

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2017.11.07

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA