豊かさ、成功、成長を妨げる「プライド」という隠れミノを脱ぎ捨てる方法

image_190314

 

先日のゼミでは2名の受講生が

お金について思うことの発表とワークをしたり、

自分がやりたいことについて、方向性を定めるためにプレゼンをし、
みんなに意見をもらったりして協力してもらう

という時間がありました。

(この話は、とっても面白く良い時間になったので
また別の機会にアップしようと思います)

 

プレゼンを終えた受講生と帰っていた時に

 

「今日言われたことをやると良いのは、わかっているけどやりたくない」

「頭の中では、完成されているのに、現実で話すと取っ散らかる」

 

という話を聞いて

 

「わかるわ〜私(橋本)も、あるよ〜」って話に。

 

この時した私の話を
少しいたしますね。

 

IMG_2079

 

私は、コーチングを受けることがめちゃくちゃ苦手なんです!
ビジネスコンサルは受けるのに、コーチングだけっていうのが苦手。

(笑)

 

コーチングそのものは、
クライアントの意図を引き出し、
現実的な目的・目標を達成させるためには必要で、

私もセッションでは取り入れています。

(昔はコーチングもやってましたしね〜笑)

 

自分でセッションやるのは良いのに、
なぜ受けるのは嫌なのかって?

 

多くのコーチは、
非言語のコミュニケーションについてのトレーニングを
十分には受けていないと感じるため、

内容のコミュニケーションが主流となるアプローチに辟易としてしまうのです。。。。

 

ビジネスでは、絶対的に必要なスキルですよ!

だけど、目標達成は

無意識の協力なくしては達成できないので

そこん所が必要なんです。

 

わかりやすく言うと、
コーチングスキルだけだと、尋問になりやすい(笑)

 

もちろん、熟練の素晴らしいコーチもいらっしゃいますから
コーチングの全てを否定しているわけではありませんよ〜。

コーチングを初めて間もない頃などは、
このようになりやすい傾向は確かにあります。

 

image_promotion

 

頭の中を整理して、白黒はっきりさせて、

”意識的”にゴールに向かうやり方は、
コーチングの得意分野ですが

 

”無意識的”な感覚やなんとなくといったグレーゾーンを

現実的な何かに近づけるには、
別のスキルが必要なのです。

(スピリチュアルヒプノでやっている部分、心理学的な要素が多くなります。)

 

話を戻すと、

目的、目標の方向性がある程度はっきりしていて、
それをやる覚悟が腹に落ちている時

コーチングを受けることは良いのですが、

 

無意識の中で
腹が決まらない、覚悟が決まらない
目標の方向性に迷っている時は、

コーチングの意識的な会話でゴールに向かおうとするやり方で行くと

 

葛藤が生まれる!!!

そんなのは生まれて当たり前となるので(笑)

 

葛藤をあえて生み出して、
自分を追い込みたい時でない限り、

私は、基本的には受けたいと思わないわけです。
(あくまでも、個人的な感想ですよ〜。)

 

意識的なマインド、思考で頑張るビジネス系には
コーチングが向いていますが、

無意識と意識を統合させながら進みたい、
直感をふに落として創造していきたい方には、

私がやっている

スピリチュアルヒプノセラピーや
プロモーションコンサルが向いています。

 

どっちが正しいとか
良し悪しではなく、
これは私の特徴であり、個性なんです。

 

だが、しかーし!!!

 

image_171126

 

「そんな私も、
ヤダヤダ〜って言いながら
コーチングを受けたのよ〜^^」

 

という話をね。
受講生にしたワケです。

 

何が、そうさせたかって、

ステージが変わるのに、
シフトアップもしたいのに、

自分の過去の体験、
今までのやり方、
これまでの知識からでは、

 
解決方法が浮かぶワケない!!

 

アイデアが浮かんでも、
形にするには新しい知識や考え方が必要〜

 

一人で考えている時間は、何も生まれない!
1円もお金を生み出さない(笑)

 

考え方も知識もアイデアも
人の力を借りて、現実的に動かなければ

循環も、より良いものも
創れないじゃん!

本当に欲しいものは
次のステージかその先にあるのに!!??

という考えからです。

 

自分の脳内循環は、
世界の循環にはまったく繋がらない。

 

で〜

 

うだうだ〜っと
いやいや〜っと

していた時に、

邪魔していたものは何か?

っていったら

 

「薄っぺらいプライド」でした(笑)

 

 

受講生にも、

「やった方がいいのに、やりたくなーいってなっていたのは、
私の場合よく分からない、変な薄っぺらいプライドが邪魔してたのよ〜」

って話しました。

 

受講生は「それ、わかります〜」って。

こんな話をしたんですね。

 

薄っぺらいプライドに気づいただけでなく、

私の場合は、その瞬間に腑に落ちたので

信頼できる方が向こうから来て(笑)

コーチングで情報整理を手伝って頂きつつ、

アイデアや私が気づけないことに、気づかせて貰えました!!

 

image_180307

 

ここで話していた
プライドについて、ブログで少し掘り下げると

 

プライドは、自分にとって都合の良い隠れミノで、

正しさの主張、証明したい、確信したいというエゴの壁だったんです。

 

自己啓発とか
スピリチュアルな修行とか
なんでもいいのだけれど

 

自分の成長のために、何かをやってきた方や

内的な問題に取り組んで、乗り越えてきた方って

 

どこかに「到達した(何かを得た)体験」があるんですよね。

(それが、自信にもなるのですが…)

 

この「到達した体験」

ある種の達成感や自信、
プチ悟りみたいなやつ。

 

それまでの途中、めちゃくちゃ

もがいたり、
苦しかったり、
絶望感を味わったりして、

乗り越えて
解放されて

やった!わかった!終わった〜と感じるやつ。。。。

(大きく乗り越えたもんだから、終わりにしたいさ!(笑))

 

image_100117

 

本人が体験したという事実は、事実として存在しています。

 

それと同時にね、

体験した瞬間から、
真に存在するもの(本質)や源からは、離れている。

というのも事実なんです。

(ここが、多くの方に見落とされてしまう所。受け入れ難い所。)

 

結局わかった瞬間、
個人的なフィルターになってしまうんですよね。

 

同じ水を飲んでも、
味や感じ方が人それぞれなように…

生まれて初めて食べたものが
「美味しい!」って感じた感動は、

いつもそれを食べている人の感動とは違うように…

 

 

「到達した体験」
本人しかわからないものなので、

「証明したい。認められたい。確かな物にしたい。」

というのが出てきて
ここにフォーカスしてしまいがちです。

 

世界や誰かに認めて欲しい。受け入れて欲しい。。。

「ほら、私の体験は本当でしょ?間違ってないでしょ?凄いでしょ?」ってなる感じ。

 

でも、その証明は無理なんですよ。

そして、人は証明したい生き物でもあるんです。

 

この矛盾に、拮抗するものなんですよ。

 

だからね、

自分の事を知り、自分自身と感覚を認めることができたら、

証明すること、そのものが必要なくなるため、

自己信頼とか自己承認が大切になるのです。

 

image_180308

 

「到達した体験」がある。

というプライドが

変化、進化の時に邪魔をします。

 

プライドという隠れミノで
自分を守ろうとします。

 

だから、変化の時だな〜、未来のビジョンはコレだなぁ〜って

意識ではわかっていても

無意識から


「面倒くさい」
「できれば避けたい」
「やりたくない」
「それは既に知っている、わかっている、自分には必要ない」

ってなるんですよね。

 

 

宿題やろうと思ってたのに!言われたらやる気失くした!!

みたいな(笑)

 

 

プライドという衣をとっとと脱ぎ捨てると、人生が加速します!

 

プライドに隠されているものは何かというと、

 

頑張った
努力した

けれど
報われていない何か

 

これが、未消化でわだかまっているのです。

 

だから、

頑張った、やれてきた、自分をねぎらってあげることが大事。

 

「到達した体験」をちゃんと味わいきってなかったり、
プロセスでの頑張りをねぎらっていなかったりすると、

 

「まだ、あるよ〜。頑張ったんだよ〜?大事にしてよ〜!!」っと

 

自分の一部分がふてくされて
プライドで隠れるのです。

 

子供が拗ねて、毛布にくるまって隠れるみたいな(笑)

そんなイメージでもいいかもしれません。

 

自分の中にある

置いてけぼりな部分
気づいていない部分
見放している部分
ほったらかしの部分
あたり前にしちゃってる部分

ここに気づいて、ねぎらうこと。

言い換えたら
エゴを満たすこととも言えます。

 

これがある程度できると、

源(本質、宇宙)との繋がりが太くなるんですね。

揺るぎない自分軸や自分の道みたいなものが
ハッキリしてくるのです。

 

image_180807

 

で〜

多くの方が

 

ねぎらい方を知らないというのが、次の問題!

(褒めるとねぎらうは、違います。)

 

日本という文化もありますが

我慢することや
否定することを学んでいるので

なかなか、ねぎらうっていうことが
難しかったり、できない方が多くいらっしゃいます。

 

スピリチュアルヒプノセラピー講座では
この部分をみっちり行なっているので、

中級を卒業した受講生は、
だいぶ身についてきました^^

 

IMG_6348

 

話をまとめると

「到達した体験」という「プライド」
持っていてもいいけれど、

着脱が楽にできるようになるといい感じに♪♪

 

そのためには、

「到達するまでのプロセス」を自分でねぎらうこと。

 

頑張った自分
よく気づいた自分
乗り越えた自分

プチ悟りの瞬間
源の体験瞬間

 

その事実を自分が認めること。

自分を満たしてあげることが大切です。

 

お一人でできない時は、
個人セッションをコースで受けてください。

ねぎらい方を一緒にやっていきます。

個人セッションの詳細はこちら
初めての方へ:HPをご参照ください。

講座の場合は
スピリチュアルヒプノセラピーを受講するだけで
源とのパイプが太くなります。

文章ではわからない部分が、腑に落ちていきます。

スピリチュアルヒプノセラピー(SPOGオリジナルの講座)の詳細はこちら
HPをご参照ください。

仕事や人生の進む方向性がある程度あって、
思考の整理やSNSの使い方、文章の書き方、自分の出し方など
方法を知って、実際の行動をお手伝いして欲しい方は
プロモーションコンサル(ビジネスコンサル)を受けてください。

▼起業・自営の方のためのスピリチュアルと現実的サポート

これから自分の仕事をはじめる方<フリーランス、独立、サイドビジネス>のためのプロモーション!

2018.01.25

 

個人セッションはHPよりどうぞ。

o0300006613574436711

WEB掲載の記事

blog_trinity
blog_sachikoi

記事のコンテンツと動画

blog_note
blog_youtube

 ワークショップや講座開講予定 一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2019.09.19

 

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA