リーディングの「視える」とは? みえてる?妄想?スピリチュアルの人はどう視えるの?

image_111317

 

アカシックリーディングあるある。

・視えているものは、本当なのか?

・視えている、感じているものは妄想なのではないか?

・視えているもの、感じていることは、自分のことなのでは?

・視えているってどーゆーこと?

・「視える」というのが想像、期待と違う。

・私には「視えない」

 

などなど

最初の方は、
モヤモヤしやすいところ。

 

「視る」というのは、

視覚情報がメインで生きているからこそ、
みえてないと不安になるし、
見たいんですよね〜(*´ω`*)

 

わかる!

 

しかし、ココにこだわり過ぎると
落とし穴になります!

 

記憶力だって

視覚情報が得意な人、
聴覚情報が得意な人、
感覚情報が得意な人、

混合して覚える人。

 

色々です。

 

私は、視覚記憶が得意で
リーディングもヴィジョンで浮かぶ方。

だからこそ、
真実を勘違いしやすいという欠点もあります。

 

image_100117

 

たとえば、ドラマなんかである

殺人現場みたいなヴィジョンをみた時に、
それだけで誰が犯人かは決められないけれど、

視覚情報だけで判断すると、
側にいた人が犯人

ってなりガチですよね。

 

これはざっくりな、たとえ話ですが
過去世などを視た時に、一場面しか視えないとなると

何が起こったのか
何故、そうなったのか
それは私なのか

などなど

情報を掘り下げていく必要があります。

 

この情報を掘り下げていく時は
ヴィジョンだけではなく、

他の感覚も使って情報を受け取っていくんですね。

 

だから、「視る」ことにこだわると

リーディングが中々うまく出来ない、、、

という感じに自分をしてしまう方が多いです。

 

あとは、「視える」というのがわからなくて
「自分には出来ない」と思い込んだり。

 

皆さん、それぞれの特徴、得意分野があります。

視え方も、違いがあるんです。

 

肉眼で見るのと、全く同じように視える人は、案外少ないですよ。
(知り合いにはそういう方がいらっしゃいましたが。。。)

 

何故なら主にリーディング使っている部分は、
第3の目、松果体で視ているから。

 

この辺りの詳しいことは、
講座内でお話していきますし、

第3の目を活性化させるワーク練習方法なども実践しながらお伝えしていきます。

そう、練習は必要なんですよ〜。

 

身体の使い方、感覚の使い方は
自転車と同じで慣れないと中々難しいのと同じ。

 

image_0820

 

今回のアカシックリーディング講座においでの受講生も

視え方に限らず、
観ていき方(やり方)

はじめはわからないので、

「いまいち感覚が掴めない」とお話くださいました。

 

感覚を掴みたい方は、やらないと出来ない。

 

美味しそうにみえる食べ物だって、

人のレポートを読んでも、写真をたくさん見ても、やっぱり食べないとわからない。

 

スポーツだって、やり方は知っていても
実際プレーしたり、身体の使い方を学んだりした方が、
楽しさや感覚も掴めます。

 

もちろん、感じ方は個人差があるので
リーディングができていても、

期待が大きくて出来てないと感じる方もいらっしゃると思います。

 

 

アカシックリーディングに興味のある方で、

自分に出来るかな〜
なんか怖いな〜不安だなあ〜

と、一歩踏み出せない方は
大抵、過去世で魔女狩りにあってるか
そういった類の何かで命を落としていたり、怖い体験をしたりしています。
それがブロックになって、リーディングでも

「視えない、感じない自分」

自分で肯定しちゃうんですよね。。。

 

今回おいでの受講生も
リーディングを妨げるブロックがあるので、プログラム中に

過去世のブロック解放も行うことにいたしました。

 

今一歩、踏み出したいのに踏み出せない方は

今回アカシックリーディング講座を増設したので
12月9日とお日にちは近いですが

ぜひ、お出でいただければと思います。

 

説明会も個人的に行なっておりますので
お気軽においでくださいませ。
(説明会については、ページ一番下のワークショップ一覧をご参照ください。)

 

アカシックリーディング講座の詳細はこちら
HPをご参照ください。

 

o0300006613574436711

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2017.11.07

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA