ソウルメイトに恋をして(1)

image_150826

 

タイトル通りなのですが
ソウルメイトであった人に恋をした

ノンフィクションのお話です。

 

30歳代にしての初恋(笑)

 

それまでは、つきあった人もいるし
婚約した方もいます。
初恋と言っているのは、自分から初めて人を好きになったから。

 

今までは、相手から告白されて付き合うパターンで
全て葛藤から引き寄せていたご縁でした。

さらに、当時は見捨てられ不安もあり
自分から終止符を打つという

こじらせっぷり。。。(笑)

 

image_111317

 

そんなこんなですが
その時は必要な出会いで
ある意味、大きな学びだったともいえます。

 

私にとってはとっても大切な、よき思い出でもあり
逆に、本当の自分を知るための出会いでした。

(恋というのは、ある時期までは
自分の成長のために引き寄せるものですね~)

 

さて、ソウルメイトとの出会いのきっかけ、
彼を引き寄せた理由というのを敢えて言葉にすると

 

異性に対する葛藤がなくなり、
自分が恋愛に対して
自由になったことです。

 

葛藤とは父との関係でした。
(「恋人ができない、恋が続かない人へ」をご参考にどうぞ)

 

さて、そんなこんなで

今までに

 

 

2人のソウルメイトと出会い
恋をしましたお話し。

 

o0480048013405518681

 

一人目は、イタ君(仮名)

彼とはイタリアで会ったので(笑)

 

ある時、とってもフランスに行きたくなった私。
無性に行きたい!という思いが強すぎて

たった一人で海外へ行くことにしました。

 

学生の時に、初めましてのグループだったけど
一人でイギリスに短期留学したコトはあるのですが
やっぱり日本人グループと共にいたので

 

本当の一人旅とは訳が違う!!

 

チケットもホテルも自分で手配して…というのは
初めての経験。

 

当時は、国内の飛行機に乗るのも
私にとっては大冒険だった時です(笑)

 

その大大大冒険を乗り越えるくらい
行きたい!

という衝動で
フランス行きを決定しました。

 

まずはツアーの検索
そのとき目に入ったのは、フランス・イタリアの旅。

 

そう言えば、
高校生の時に何故かイタリアのフィレンツェに行きたいと
思っていたのを思い出して、どうせならイタリアも行こう!と。

 

それにしても、

なぜミラノでもナポリでもローマでもなく
フィレンツェなのか…

 
今となっては、そこに転生していたコトを知っているのですが

当時はそんなこと知りませんでしたから、周りはビックリ(笑)

 

 

いきなりの海外
なのに、2カ国どっちも英語圏でないのに決める私…

 

もう~かなり緊張ですよ!!

 

飛行機で貰ったサンドイッチと揺れる飛行機で
相当酔ってしまってエチケット袋片手にフラフラ…

フローレンスの空港について水買うのも一苦労…

タクシーも一苦労…

 

やっとホテルについたら、

カギが上手く開けられないし…
それをホテルの人に言うほどの英語力もなく…

 

くたくたで寝て、
ドキドキで起きて(笑)

 

ぎゃー今日からどうしよ~と考えながら
貴重品もカギもぶら下げてホテルの朝食へ。。。。

 

そこに、たった一人いた男の子

最初、中国人?日本人?というくらいのチラ見しただけ
目があってしまったので本当にチラ見(笑)

 

それがイタ君でした。

 

私はおいしそうなパンと、フルーツをとって
適当に席についたら

先に食べ終わっていたイタ君が
何やら靴ひもをいじって、中々立ち去らない…

 

何してるのかしらと、チラッと見てみたら
また目があっちゃいまして…

 

さて、長くなったので
この続きはまた…(2)へ続きます。

 

ソウルメイトについては
「ソウルメイト、ツインソウルって?」をご参照ください。

「ソウルメイトとの出会い」の記事もご参考にどうぞ。

 

ツインソウルやソウルメイト、転生の仕組みなどは、
アカシックリーディングの講座で詳しく学ぶことが可能です。

ご興味のある方はどうぞ。

アカシックリーディング講座の詳細はこちら
HPをご参照ください。

 

個人セッションはHPよりどうぞ。

o0300006613574436711

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2019.05.14

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA