手離したり、許したりが難しいなと感じる方へ

image_180307

 

スピリチュアルな考えを採用しはじめると

結構陥りやすいのが

 

手離そう
許そう

 

と頑張ること。

・何でも許せる人になりたい
・葛藤やエゴを手離したい
・全ては愛!感謝をずっと感じていたい

とか

・~をしなきゃいけない
・~出来ないといけない
・このままでは悟り、覚醒しない

とか

 

思い込むこと。

 

それで苦しくなったり、
頑張りすぎてしまっていたら

 

手離そう
許そう

 

とすることを一度やめてみて(о´∀`о)ノ

 

むしろソレを手離して!(笑)
blog_105

 

手離すこと
許すこと

は、とても大切なんですよ?

 

しかし、

 

手離す、許すことが

今の自分には無理、出来ない

と感じて

 

できない自分はダメだ!

などと考えてしまい、

 

思考でぐるぐるを繰り返す。

いつまでも自分にはできないと感じる。

 

このループ状況になったら
本末転倒です、、、、。

 

本当に許す、受け入れるべきは

「出来ないと感じている自分」でもあるんですね。

 

そんな時は

 

手離さなきゃ!
許さなきゃ!

 

という「~すべき」「正しくなきゃ」というのを

まずやめること、
傍に置いておくことが、

大切です。

 

このフィルターがある内は

 

手離せない(執着する)し
許せない(自分や他者、世界のせいにする)

 

ということが起きやすいんですね。

 

blog_60

 

手離しと、許しは

あきらめた瞬間に

自然と起こったりするんですよ~(笑)

 

あきらめる時とは、

 

断念するのではなく、

明らかにもう無理だ~
お手上げだ~

 

という

あきらめ。(諦めではなく、明らめ)

 

こうなると

自然と手離れていき、
許しや感謝が、

意思とは関係なく

内側の源から湧いてきます。(勝手に…自然と…)

 

では、あきらめるにはどうしたらいいのか??

 

それは、逆説的ですが

執着してるなら、とことん執着してみる。
許せないなら、とことん許さない。

 

これをやることです。

 

結構エネルギー使うと思います(笑)

面倒くさがらず、
嫌な自分に蓋をせず

やってみてくださいね。

 

子供が、欲しい物を買ってもらえない時に
ギャン泣きするくらい

 

ギャンっと悲しんだり怒ったりをやるんです。

 

ギャン泣きしても、買って貰えないと
子供は、あきらめる(ギャン泣きはやめる)のと同じです(笑)

 

blog_61

 

手離せなくて、執着してるものの奥には、

手に入らないことへの

悲しみや怒りがあるはずです。

 

許してると思っているけれど、
どこかに許せてない部分がある時も

その奥に、悲しみや怒りがあるはずです。

 

ギャンと
とことん

感情を出し切る、感じ切ること。
(注意:他者は傷つけないでね。)

 

それこそが

本当の手離しに繋がっていきます。

 

手離すというのは

なくすことでも、排除することでも、消すことでもないんです。

 

そこにあるけど、
握らない、掴まない、反応しない

 

ってこと。

 

それをOKと容認することが

許すこと、受容することでもあるんですね。

 

blog_62

 

自分の中にあるものを

安易に排除しようなんて、そもそも出来ないんですよ〜。

 

苦しくても、悲しくても、
逃げ出したい気持ちになっても

 

捨てられない。

捨てようとするのが
間違いでもあるんですよね。

 

だからこそ、

 

手離そう
許そうを

やめてみる。

 

というのもありです(笑)

 

今回の記事とは、また別の視点になりますが
次のステップの参考にはなるかも。

矛盾したように感じる部分があるかもしれませんが、
それは視点の違いで、本質的には同じことを話しています。

人生の次の段階を飛躍させる秘訣は、諦めるのではなく「許す」という選択

2018.02.11

 

 

個人セッションはHPよりどうぞ。

o0300006613574436711

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2019.05.14

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA