大祓の罪とか穢れとかの話と満月前後の揺れ

blog_60

 

奈良の天河から京都へ移動して

最近の色々。徒然なる話を書きます。

 

 

ストロベリーフルムーンな満月の前後は

色々とあった方も多いと思います。

 

まだ落ち着かない時期ではありますが、

徐々に落ち着いてくるのでご安心を〜(о´∀`о)

 

 

今は、本当に様々なことが動いていて

予想外というか、予想すら無駄!というくらい

 

今までとは違う動きをしているんですよね。

 

 

気持ちが乗ってる時は、予想外が楽しいけど

気持ちが落ちている時は、予想外が辛くなるもの。

 

 

気持ちは身体に、

身体は気持ちに、

 

表れますが

 

地球の影響は身体に

宇宙の影響は本体に

 

表れますね〜(о´∀`о)

 

IMG_3156

 

ここから

10〜13日くらいは

 

浄化の時。

 

浄化って少し曖昧なところがありますが

 

物理的には、

・掃除、整理整頓

身体的には、

・風邪、発熱、下痢、痛み

精神的には、

・怒り、悲しみに気づく、引き起こされる

 

 

7月の七夕辺りまでに

出来る浄化をすると良いですよ。

 

 

月末の大祓に行くのも良いですね〜

 

IMG_3225

 

大祓というと、

罪、穢れを祓う。

というので

 

犯した罪と悪しきものを祓う

 

みたいに感じますが、

 

穢れっていうのは、悪いものではなく、

「気枯れ」

 

気が枯れている、気持ちが落ち込んでたり、身体に力が入らないこと。

 

罪は

「積み」

 

積み重ねている何か。

 

 

私たちは、

知らず識らずのうちに、

気が枯れたり、本来あるべき軸から離れたり、

 

そーゆーのが積み重なって、

色々なことが起きたりして、、、

 

自分自身を保てなくなってきた時、

 

自分に戻るため、

気をピュア(清浄)するために

祓いを受けるのは

とても良い儀式になります。

 

 

間違ってはいけないのが、

何か悪いものがついているのではないか?

などという恐怖から行うこと。

 

何かが憑くということは、あるにはあります。

 

それが悪いかどうかは、

個々の観念によるので

なんとも言い難いのですが、

 

「ピュアな自分に戻る」ために祓う。

 

という、意識でいると

恐れがないので、オススメですよ(o^^o)

 

恐れが恐れを呼ぶものなので♪

 

 

そして、

気は動くものなのでね〜

時期的に、ここで気をピュアにするといいよ〜

自分から離れちゃった人は、自分に戻ってこーい♪

っていうのが

大祓でもあります。

 

行ける人は、氏神様や産土神社様に行ってみて〜(о´∀`о)ノ

 

(京都ツアーのみんなとは、超!パワフルな場所に行きます。)

 

 

行けない人は、

 

気は、肉体と精神が関係しているので

適度な運動と、水、睡眠が大事になりますよ〜。

 

お試しあれ。

 

IMG_3329

 

奈良の天河の話とか

龍の話とか、また今度改めて書いていきたいなぁ〜♪♪

 

友人に「UFOとか不思議、神秘体験はあった?」

 

と、聞かれましたが

 

あるにはありました〜(*⁰▿⁰*)

 

皆さんが考えるような、

神秘ではないかもしれないけれど、

本当!すごい出会いがありました。

 

 

ある意味、

本当の人間だ〜って感じ?(笑)

 

(この話は背景を話すと長くなるので、

個人的な一言感想のみで。)

 

 

今回の奈良で感じたのは

 

やはり、身体だなぁ〜ということ。

 

先日、受講生からも

身体のことをやって欲しいと言われたんですよね〜

 

どのようにアプローチするかは、

考え中ですけれど。

 

いかに、力を抜いて生きるか、、、、

 

最近アカシックの受講生にも、そんな話をしてばかり(笑)

 

京都ツアーも

みんなでゆるんでいきま〜す

 

 

個人セッションはHPよりどうぞ。

o0300006613574436711

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2018.07.01

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA