自分の見ている世界に彩りや奥行きが生まれる。確実に進歩している私 [現代催眠 中級講座]

image_0829

中級講座4回目にいただいたご感想

 

今回は雑談が多くて楽しかった(笑)です。

……というか、この何気無い雑談の中にも実は色んな要素が含まれていたなぁ、
と後から改めて色々発見して、うおお!と思いました。

雑談というか、厳密にはコミュニケーションの中に、なのかな。

だから、リラックスしたゆる~い感じ(笑)で受けていたにも関わらず、講座の最中はダウンロードされる情報や反応ポイントが多すぎて…
その処理でいっぱいいっぱいだったんだと思います…私。

 

たとえば、雑談の中で私は自分のことを

「流行作品は流行が落ち着くまで手を出したくない!という天邪鬼なとこがある」

と何気無く口にしたんですが…
その瞬間に

「ん?この天邪鬼はなにに反応して起きてるんだろう?私が抵抗してるポイントはなんだ?」

と、自動的に自分の中の原因(リソース)探しを始めてました(笑)

blog_107

 

普通に会話して、講座のノートを取ったりしながら、
意識の半分は無意識下の自分発掘に費やしてた…
(ある意味、座学と実践を同時にやってた究極のながら学習…?笑)

しかも、それ以外にも受講生仲間のお二人が
本当に絶妙に反応ポイントや共感ポイントを私に提供してくれる
(ありがたいです、ホント)ので…

都度都度「あ、このモヤっとポイントは後で発掘しよう。私はこういうことに共感ポイントがあるんだな…」と、

色々自動的に拾ってて…
うん、忙しかったね、脳みそくん…と今になって思います(笑)

 

ただ、この経験を通じて…

あー、私、自分でも気づかない内に
基礎講座で習ったことが
できるようになってるんだな、

ということに気付きました。

 

正直頭は結構忙しかったと思うのですが、
身体はリラックスできてて…

だからこそ、頭パーン!とならずに(笑)
最後までゆる~っと受講できた。

基礎講座でやった「集中とリラックス」
自然と身に付いてきているのかもしれないなーと思います。

 

そして、ネガテイブにしろポジティブにしろ…
自分の反応ポイントを観察(察知)して、
その感覚に集中し、

原因とリソースを発掘→診立てる
(→診立てが感覚的にしっくりこなければ、推測の可能性があるので一旦手離す
→タイムラグを置いてまた自然と湧き上がってくる感覚や言葉にフォーカスして、再度診立てる
→しっくりきたら、最後に統合もしくはリリース)

という一連の作業を、気がついたら…私は日常的に
ゆる~っとやってました、自分に対して。

 

他者に対してはできてないけど、
自分に対しては、なんかできるようになってるような気がする。

自覚はなかったけど、習ったことの一部を日々自主練してた感じですね(笑)

blog_131

 

……で、これらのことって意識の向ける先を自分から相手に変えて練習していけば、
きっと他者に対してもできるようになるんだろうな、
と思います。

もちろん、細かい違いはあると思いますが…
たぶん、コツは一緒かな、と。

ただ、結局それは自分がどこまでクリアになれてるかが要なんだろうなーとも思うのです。

 

自分の中にネガにしろポジにしろ、
反応ポイントがあると自動的にフィルターがかかるし、
推測に陥りやすい。

これが自分の感覚なのか相手の感覚なのかの識別するのも、
自分の状態を把握できてないと難しいな…と。

 

でもなんとなくなんですが、
自分に対してゆる~っとやり続けてると、自分がクリアになってく過程で自然と相手をフラットに観察できるようになっていくような気がします。

他者は自分の鏡だといいますが、他者(鏡)を通して映る自分を見ていたのが、自分がクリア(透明)になると、
鏡に自分は映らなくなって、鏡そのもの(他者)をただ観察できるようになるんじゃないかなーと…。

o0480048013612777082

 

まあ、これは私の憶測なのですが…
もしそうだとしたら、基本的なテクニックというのは日常生活の中で結構セルフトレーニングができるんじゃないかなーと思いました。

他者も自分も全部がいい教材ですね(笑)

 

別にそれを仕事にするのではなくても、
なんとなく自主練してると習ったことって身に付くし…

現代催眠講座で習ったことが身に付いてくると、普段のコミュニケーションの中に観察ポイント(相手が体現してるそのひとの要素)が溢れていることに気付いて、

自分の見ている世界に
彩りや奥行きが生まれる気がする。

 

講座の中で橋本さんから

「クライアントが部屋に入ってきたその時から仕草や目線、物腰などあらゆるものがその人を表してる情報で…それら全てを意識的に観察する」

というような話がありましたが…
それはつまり、習った技術をきちんと習得すると
「そういうガリレオみたいな観察眼(笑)を持てる」ということなんだな…と。

 

学べば学ぶほど、橋本さんがあたりまえされている技術の凄さに感動するし「すごいなぁ~!」と拍手したくなる感じです。

でも、以前はその技術を会得してる橋本さんはもう雲の上の存在(仙人?笑)のようで、あそこまでたどり着くなんてとてもとても…とか、いつかは辿り着けるかもしれないけど道のり長~~っ!って感覚だったものが、

今は「んー、簡単ではないけど、ま、やってればできるようにはなるんだろうな」って感じになりました。

 

うん、確実に進歩してる私…!(笑)

自分の変化というのも、誰かや何かを通して初めて気づくことがたくさんありますね。

ここのところ、講座は私にとって答え合わせのメッセージを他者を通してもらう機会にもなってます。

 

エゴという自我が薄くなっていくと、本当の意味で他者と自分の境目がなくなり、
差がなくなることがあります。

その状態で居続けることが、リーディングやカウンセリングの場では
セラピストとして必要なのですが

そのような職業でなくてもその感覚が身につくと
普通に生活していて、

自分がぶれなくなります。

そうすると、純粋な自分で
ありのままの自分でいることが苦ではなく
むしろ心地よくさえなっていきます。

そうなると、今度は他者との関わりにおいて
時折、折り合いがつかないことが現れて来ます。
(プロセスで必ず経験することになると思います。)

その時に、技術的な知識があると
円滑なコミュニケーションがとれるワケなんですね〜。

伝え方が変わるし、相手を大切にする姿勢が変わるんです。

 

プロとして活動していても、やはりプライベートでは
私も色々とやらかすことがあります(笑)

でも、コミュニケーションスキルがあると
自分と他者との間が明確にみえてくるので
問題解決は早くなりますし、

なによりお互いの親密度が深くなっていく喜びも感じられる。。。

感情についてのコントロールは、色々とやり方がありますので
中級では、このあたりの

細かいコミュニケーションスキル感情の扱い方などを
実践的に行なっていきます。(中級は、全12回)

 

今回の感想のように
雑談の中からも、実際にワークしたり、お話したりしているので
楽しくわかりやすいと、他の方からもご感想をいただいております♪

基礎講座では、基本の安心感やリラックス、相手とハートで繋がるコミュニケーションのあり方を身につけていきます。

みなさん自然と身についているのが、
この講座のポイントであり、伝授といっている部分。

本当に深いところで繋がっていくと、人って自然とありのままの姿になっていけるんですよね。

とても嬉しいご縁を、毎回いただいております。
感謝だな〜ほんと。

スピリチュアルヒプノセラピー(現代催眠療法講座)の詳細はこちら
HPをご参照ください。

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

▼ワークショップや講座開催予定一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2017.11.07

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA