「信じる」の逆は「疑う」ではなく、自分軸を育てるために全てを肯定的に〜(自分軸ゼミ2回のまとめ)

image_190325

 

今回の記事は、ゼミの話。

自分軸ゼミの2月と3月は、

かなり分岐点となった回でした。

 

2月は、ゼミの有志のみでランチ会を開き、
私から「お金の話」を先行でお話ししたりしておりました。

 

労働で稼ぐのではなく、
循環させることの話と

私からは具体的な提案。
自分の価値をお金に替えることと、
世の中で流れているお金を自分に引入れること。

両方があると良いし、
収入口は増やすことをするべし!
みたいな話をして

 

ゼミのお時間に〜

(1ヶ月後にはお財布講座が開講されましたが、その前に少し情報提供。)

 

IMG_7655

 

 

自分軸ゼミの目的は、心身、経済ともに

自分らしく自由に生きる「自立」を目的とし、

かつ

お互いの実験、研究、遊び場でもあり、

 

時代の流れに沿った、タイムリーな話や
先行して有益な情報をお伝えしていく、

コミュニティでもあり、
会員サロンみたいな部分もあり、
遊びながら学んだり、身につけていけるような場で、

 

個人的には、吉田松陰的な
大人の寺子屋スタイルなのですが(笑)

ま〜まとめると

色々と、お得な会だと思います。
(これからもお得にしていきたい!)

 

 

1月は、普通にセミナーしたら高額になる
深いBeingレベルのグループセッションもおこなったりして、

 

2期から初めてご参加された方は、

毎月、変化を感じていてすごい!とのこと^^

 

橋本の講座は、そこにいるだけで
無意識の深い部分が活性化されるように
場を工夫しているため、(整えているため)

 

ぶっちゃけ居るだけでいい!参加の意図と意志だけで変化する!

(私が変えるのではなく、そこは本人次第ですけどね。)

 

3年近く、ほぼ全ての講座に出ている受講生が
この間ゼミのみんなに話してくれていたのですが、

 

「とりあえず、スピリチュアルヒプノの講座は
よくわからなくても、その場に居るだけでいいから。」

って。

 

受講生が言ってくれていたのは、

ちょっと、これすごいなって思いました。

 

よく、真髄を汲み取ってくださっているな〜と。

橋本、ちょぅ〜嬉しい(笑)

何がって、私だけでなく
私が引き継いだ恩師の影響もあるからです。

 

テキストで書くと、

偉そうというか、権威的というか、傲慢というか、、、、

まったくもって勘違い野郎な感じがいたしますが、

私すごいんです!って自慢じゃなくて、

(長年の実績分は自信をもって、すごいよっていうけど(笑))

 

これには、ちゃんと理由があります。

 

 

IMG_7654

 

 

その理由は、トランスの質がめちゃくちゃいいってこと(笑)
なんで、良いのかって先生がよかったのですね〜。

 

伝統工芸や職人の世界って
伝承されていくものですよね。

それと、ほんと同じなんです。

受け継いでいる匠の技みたいなものがあるんですよ。

 

ここは、

先生へのリスペクトと、確実に息づいている、
伝授されているものがあるので

誰に何を言われても、揺るがない自信があります。

 

そして、私個人としては、ヒプノだけでなく

アカシックやチャネリングを長いことやっているので、
意識の拡大と深いトランスの体験が色々とあるのです。

 

そのため、受講生に伝授することも
されていることも、そこは確信を持ってわかるんですよね。

(証明はできませんけれど。)

 

 

個人差はありますが、

講座やゼミ生のスキルアップしている姿や、

参加しているだけで変化を実感している方、

個人セッションでも多くの方が、

本人の自覚は乏しくとも
よくわからない部分で、変化していること、

時間をかけて、ある日変化を感じたこと、

トラウマに対する直接的なセッションをしていなくても、
講座を受けていたらトラウマの恐怖がいつのまにか、
緩まって、怖くなくなっていること

 

などなど、

気づく方、気づかない方といらっしゃいますが、
確実に深い部分からじわじわ〜っと変化していっています。

やはり1年〜3年くらいのお付き合いになると
受講生自身もうまく言葉で言えなくても、腹の奥では腑に落ちているようです。

 

IMG_7660

 

 

何が言いたいかって、自慢じゃないですよ(笑)

居るだけでいいって、すごくいいですよね〜。

 

受講生が本当に、自分と向き合うタイミングの時には、

深い部分(嫌な部分)に触れることになるため、
受講生の中でも葛藤が表に出て来て、

講座に行きたくないって思ったり、
いっ時、橋本は嫌われますが(笑)

 

そういう心の動きや自分の気持ちを自覚されている方が、ほとんどなので

信頼して、講座には来てくれるんですよね〜(笑)

 

いつも、すごいな〜
やっぱり人って素晴らしいな〜って感動して

このお手伝いがやめられない(笑)

 

IMG_7658

(昨年の終わりに生まれた赤ちゃん♪♪お腹の中にいた時に、ゼミ生と対話した〜あの赤ちゃんです!!!ようこそ!地球へ♪♪)

 

講座やセッションに対して、

人は何かの答えや目的意識、
理由などが欲しかったりするものなので

ただ参加して場所に委ねるという、
ゆるさと自己信頼を体感するまでは、

少しお時間がかかります。

 

それにはね〜

全てを委ねるにはね〜

力が必要なんですよ。

 

自分の核となる軸を、立てながら

柳のように揺れていられる

 

本当の意味での

 

強さ
しなやかさ
柔軟性

 

そんな部分をゼミでは扱っているので、

非常にエネルギーがダイナミックに動きます。

 

個人セッションは、
緩めるため、委ねるために必要な
本来持っている力を引き出すお手伝い。

 

講座は、知識と体験を培うものなので、
深い部分を体験しながら、知識的にも理解を深める時間。

 

ゼミは、遊びながら、チャレンジもしながら
今必要なことにフォーカスして、
自分軸を確固たるものにしていく、いろんな創造の場。

 

全部、意図が違うのですが、
全ての根底にあるものは

 

変化のための場所。

地球に根ざしながらも、多次元を再現している場。

安心安全の場。

 

IMG_7657

 

宇宙から生まれた赤ちゃんも来てくれたし、

遠方から、橋本に会ってみたいと来てくださった方もいらっしゃって

とってもありがたいことです。

(講座も遠方の方が多くて、ありがたい。)
(遠方の場合は、人を集めて頂ければ出張行きますよ〜呼んでください(笑))

 

 

2月のゼミでは、

結果、プロセスは大事だけど、

方向性を見失わないことが大事!

ということをお伝えして、
方向性の羅針盤となる、感覚を掴むワークをいたしました。

 

そして、表題に書いた

「信じる」「疑う」は、反対語ではない!

という話を細かくして、
大切なことをお伝えいたしました。

 

3月のゼミとオラクルカードレッスンの話も書きたかったのですが

結局、余計な話で長くなったので
次回に持ち越します。。。。

 

【続】「信じる」の逆は「疑う」ではなく、自分軸を育てるために全てを肯定的に〜(自分軸ゼミ2回のまとめ)

2019.03.26

 

個人セッションはHPよりどうぞ。

o0300006613574436711

WEB掲載の記事

blog_trinity
blog_sachikoi

記事のコンテンツと動画

blog_note
blog_youtube

 ワークショップや講座開講予定 一覧

ワークショップ開催最新情報<一覧>

2019.09.23

 

ブログランキングに参加しております。ポチりとクリックの応援をどうぞ、よろしくお願い致します。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ インナーチャイルドへ

「この記事、いいな」と思ったら、みんなとシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA